猫耳屋翼の演劇帖



『飛ぶ教室』札幌平岸高校高校演劇部


最終更新

 葉月 はじめの8日  
 
  さて、祭りは終わった。
 というか、Web上では10月31日まで続くのだけれど、飼い主的には、積年の宿題をやり遂げたと言う感覚で2020こうち総文総合開会式を終えた。
  ゲネプロを生で見て、本番は腰の痛みに耐えかねておうちでのネット視聴。

  映像はこちらで。ミュージカル部分は一時間45分くらいあたりから(グランドフィナーレ含む)
 
   https://www.youtube.com/watch?v=BTzVOECL1iY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1iLnbhTJqvfxnmbMovdVJd1xECE7LEohxtHnchAGQH2sMeBHQEZIi2yjo

  やつぱり、生で見る空間の持つ磁場のようなものの魅力には映像はかてねーなーと。まあ、アップ多様で切り取ってるししかたないか。
  でも、このWeb上での開催は今後の総文の標準装備になりそうな感じ。全国から20000人集まってのお祭り騒ぎもさることながら、やっぱり限られた分野を限られた人数が見て帰るだけでは、なんというか文化的資源の持つ力を十分には活用できない。ネット上であれば、全国の生徒諸君がいろんな分野の文化芸術活動を動画として見ることができるのは大きな資産となるはず。基本総文すべての参加作品を見ようと思えば見ることができる。平素スポーツと違い圧倒的に情報量が少ない文化活動の全国レベルの成果をだれでも見ることができるのは大きな前進だと思う。
 通常開催ができるようになるのはもちろんのぞましいけれど、ではネット上での公開はやめようというのではもったいない。是非ネット上の開催も標準仕様としてもらいたいものですな。
 
 さて、では次のお仕事にとりかかりますか。まずはたんぼの雑草の刈り取り。腰に来るんだよなぁ、これは。
 そのご、台本をかかなくては。やっと新作にとりかかれるぞ。にしても、暑い。とにかく暑い。






 ●結城翼創作脚本集     ●お助け猫の手  ●猫はぼやく  ●掲示板
 ●高校演劇初心者の扉 ●高校演劇異論興論  ●上演記録  ●メール
 ●高校演劇残念度チェック ●猫耳屋は見た    ●お知らせ
 ●猫でも書ける脚本講座  ●高知の演劇  ●LINK  ●再開のご挨拶













   

● Link画像